就業規則作成や人事労務管理、人材育成、助成金相談などでお悩みなら栃木県の足利市・佐野市を拠点とする社会保険労務士越智オフィスにお任せください。

                Labor & Social Security Attorney Ochioffice
               
                〒326-0143 栃木県足利市葉鹿町1-28-32

0284-64-1522

受付時間

9:00~18:00(土日祝は除く)

お気軽にご連絡ください

特定社会保険労務士とは

特定社会保険労務士とは

特定社会保険労務士とは司法制度改革の流れで導入された労働トラブルのADR代理権「裁判外の紛争解決手段(ADR)」を持つ社会保険労務士のことです。

 

  1. 特定社会保険労務士の制度が生まれた理由
    第一の理由は個別労働紛争の増大です。残業代の不払い、給与の不支給や年次有給休暇がもらえない等、労働関係トラブル(個別労働紛争)が増え続けています。
    それを解決するために、労働法令の専門家である社会保険労務士に対して、更に、このトラブル解決の専門家としての役割が求められているからです。
  2. 社会保険労務士との違い
    特定社会保険労務士は、労働関係トラブル解決のための知識を身につけた社会保険労務士です。それは「あっせん代理」ができることです。
    つまり、当事者に代わってトラブル解決に係わることができるわけです。
  3. 特定社会保険労務士の仕事
    労働関係トラブルが発生しました。でも、その前に話し合えば解決することは多々あります。
    でも、そうでない場合、労働紛争という結果になってしまうこともありうるのです。
    裁判を起こせば解決出来るかも知れませんが、そうすれば費用、時間がかかります。
    そこで、裁判となる前に、特定社会保険労務士が「あっせん代理人」として、最良の方法で解決に臨むことになります。
    労働トラブルの「裁判外の紛争解決手段(ADR)」になるのです。
  4. 特定社会保険労務士の利用
    労働関係トラブルは、会社(使用者)と労働者の間で起こる訳ですから、特定社会保険労務士はいずれか一方の立場で解決に臨みます。
    つまり、「特定の知識を持った者が依頼者の信用を得て解決に臨む」ことになるので、信頼して解決を任せることができます。 
  5. 特定社会保険労務士へのあっせん代理依頼方法
    それぞれの県の社会保険労務士会へご確認下さい。
    特定社会保険労務士の中でも、経験度の違いがありますので、しっかりと依頼者の要求を叶えてくれるであろう、信頼のおける特定社会保険労務士にご依頼下さい。

労働問題解決サポート さむらい会のご案内

当事務所は、「労働問題解決サポート さむらい会」の会員として、年々増え続ける労働問題に取り組んでおります。

「労働問題解決サポート さむらい会」の詳細なご案内はこちら

お問合せはこちら

0284-64-1522

0284-64-0245

電話受付時間:9:00~18:00
(土日祝祭日は除く)
※FAXでのお問い合わせは
 24時間受け付けています

事務所概要

社会保険労務士 越智オフィス

0284-64-1522

0284-64-0245

ochioffice@yahoo.co.jp

FAXでのお問合せは24時間受け付けています。

住所

〒326-0143
栃木県足利市葉鹿町1-28-32

主な業務地域

栃木県全域
(足利市・佐野市・栃木市・
小山市・鹿沼市)
群馬県全域
(太田市・桐生市・みどり市・
館林市)
茨城県・埼玉県

事務所概要はこちら

代表プロフィールはこちら